脇の黒ずみにはハイドロキノン。効果の高いクリームで脇を白くできます

 

脇の黒ずみには、ハイドロキノンクリームでのケアが手っ取り早くいちばん効果が高いです。

 

しかし反対に、あおるように脇が白くなるというクリームなども販売されていることがありますが、そのほとんどが効果がありません。お金だけを損するという、残念な結果になりがちです。

 

そんな効果の無いクリームに手を出すことなく、高い効果を感じられ、かつ肌に優しく設計されているハイドロキノンクリームを選ぶようにしてください。

 

※このページを書いている私も実際にハイドロキノンクリームを使ったら、本当に黒い脇が綺麗な肌色になってくれました。脇の黒ずみをなくすのにになぜハイドロキノンいいのか?おすすめのハイドロキノンクリーム・美容液はどれか?さらに、使っている人の口コミなども紹介していますので、参考にしてみてください。

 

いちばんおすすめのハイドロキノンクリームを見る⇒

 

 

 

 

 

ハイドロキノンの美白効果は脇の黒ずみ(メラニン色素)にしっかりアプローチ

 

ハイドロキノンは、数多くの美白成分の中でも最も効果が高い成分です。脇が黒く見えてしまう原因は、シミやソバカス、ニキビの痕などと同じく、メラニン色素の沈着。

 

ハイドロキノンは、出来てしまったメラニン色素を還元してくれる作用をもつ成分なんです。多くの美白化粧品(成分)は、新たにメラニンが沈着するのを防ぐ目的で作られています。新しいメラニンを作らせず、肌の新陳代謝と同時に古くなったメラニン(黒ずみ)を無くしていこうということです。

 

これには大きな弱点があって、効果を感じられるのがとても遅いということですね。

 

それに対してハイドロキノンは今あるメラニン色素にアプローチしてくれるので、短い期間で脇の黒ずみをなくす・薄くすることができるんです。

 

 

脇の黒ずみケアのハイドロキノンクリームの3条件

 

ハイドロキノンといっても、今では簡単に手に入れることができます。以前は未承認の成分だったので、一般的には使われていなかったそうです。脇の黒ずみ対策ですと、どのハイドロキノンでもいいという訳ではないので、なるべく以下の3つに当てはまるものを選んだ方がいい結果が出やすいです。

 

 

高過ぎない濃度のハイドロキノンを脇の黒ずみ対策に使う

 

ハイドロキノンは高い濃度のものだと、肌に合わずに肌荒れしてしまうこともあるようです。そのため、脇の黒ずみ対策としては不向きです。高過ぎない濃度のハイドロキノンなら、安心して安全に使い続けることができます。

 

安定化されているハイドロキノンを脇の黒ずみ対策に使う

 

ハイドロキノンは効果が高いながらも、壊れやすいという性質があるんです。そのため、メーカーが知恵を使ってハイドロキノンを安定化するように造られたものがちゃんと用意されています。脇の黒ずみ用でも、そんなハイドロキノンを選ぶようにしましょう。

 

肌にしっかり浸透する設計になっているハイドロキノンを脇の黒ずみ対策に!

 

短い期間でも脇の黒ずみに効果を感じたいなら、肌にしっかり浸透しやすい設計になっているハイドロキノンを選ぶのがオススメです。どんなに有効な成分でも、原因であるメラニンに成分が数多く到達しないと、効果を実感しにくいです。

 

そのため、肌の内部にちゃんと入っていくような工夫がされているハイドロキノンを選ぶことが大切になってきます。

 

 

下では、日本国内で手に入れることのできる安全かつ効果の高いアイテムを選んでみました。特に私も使っているビーグレンのホワイトクリームがオススメです。

 

脇の黒ずみケアにおすすめのハイドロキノンクリーム・美容液ランキング

 

1位:ビーグレン・ハイドロキノンクリーム:脇の奥にしっかり浸透!黒ずみの元・メラニンに効果大

 

脇の黒ずみにビーグレンホワイトクリーム

 

ビーグレンのホワイトクリームは最もおすすめのハイドロキノンクリームです。肌荒れや赤み、炎症などが心配な人でも安心な低刺激設計になっているところ、さらにハイドロキノンが肌奥に浸透し、しっかりメラニンを還元してくれる処方になっているんです。

 

いくるかあるハイドロキノン美容液の中でも、続けやすいお値段になっているところも魅力。脇の黒ずみ対策を、ビーグレンのハイドロキノンに変えることで、短期間で効果を実感できた!という女性が多いクリームなんです。

 

1週間分のトライアルセットも用意されているので、自分の肌に合うか合わないかを安い金額でチェックすることができます。

 

脇の黒ずみケアに攻めの美白効果
ハイドロキノンクリームお試しセットはこちら⇒

 

ビーグレンの脇の黒ずみケアの口コミ・詳細

 

2位:アンプルール・コンセントレートHQ:新安定型ハイドロキノン配合の美容液

 

脇の黒ずみにビーグレンホワイトクリーム

 

ハイドロキノン美容液として効果が高いと評判のアンプルールのコンセントレートHQ。

 

デリケートな成分のハイドロキノンを安定化させ、効率的に作用できるように作られています。

 

顔や腕などのスポット的にできたシミにも高い効果を発揮します。ビーグレンと比べて価格は高いですが、短期間での脇の黒ずみ除去に期待が持てます。

 

同じく1週間分のトライアルセットが用意されているので、まずはチェックから始めてみましょう。

 

3位:オバジ

 

脇の黒ずみにビーグレンホワイトクリーム

 

ロート製薬の化粧品ブランドのオバジからもハイドロキノン美容液が販売されています。不安定なハイドロキノンの作用が持続しやすいよう設計されているのが特徴的。上の2つのハイドロキノンと違ってトライアルセットがないのは難点ですが、脇の黒ずみにも高い効果が期待できるアイテムのひとつです。

 

ビーグレンのハイドロキノンで脇の黒ずみをきれいにする!口コミ体験談

 

結婚式を前に脇の黒ずみをなくせました。ハイドロキノンの効果は絶大

ビーグレン,脇の黒ずみ

pinさん 28歳/女性
肌質:敏感肌
使用した化粧品:ビーグレン・ホワイトクリーム
評価★★★★☆

 

脇の黒ずみは、毛の処理を雑にしていたことから少しずつ悪化してしまいました。今は脱毛したので、毛の処理はほとんどすることがないのですが、エステの人にも、「これは時間をかけないと落とすことができない。」といわれてしまい・・・。

 

自宅でのケアで一番効果が高いのが、ハイドロキノンという成分ということ。中でもビーグレンのホワイトクリームは刺激が少なく効果が高いという口コミが多かったので、私は脇の黒ずみ除去の目的で使ってみたのです。結婚式まで残り2カ月という状況のところからスタートしたのですが、1ヶ月ほど毎日続けてみたところ灰色に近い黒さだった脇の黒ずみが、本当に目立たなくなったんです。

 

敏感肌の私なんですが、脇が赤くはれたり、荒れてしまったりということもなく他の人にも見せられる綺麗さになることができましたよ(^_^)v

 

オロナインは脇の黒ずみに効果がありません。本気で消すならハイドロキノンが一番

ビーグレン,脇の黒ずみ

ゆいさん 30歳/女性
肌質:敏感肌
使用した化粧品:ビーグレン・ホワイトクリーム
評価★★★★☆

 

脇が剃り痕などでどんどん荒れてしまい、気付いた時には灰色がかった黒さが目立つようになってしまいました。途中、オロナインなどを塗ってごまかしていたんですが、炎症などを和らげることはできても、黒ずみに何か作用してくれるということはないようです。荒れている時などを抑えるのはいいんですけどね・・・。

 

ヤバイと思いつつ使いだしたのがビーグレンのハイドロキノンクリームです。肌を荒らさずに、しっかり浸透してくれる処方。トライアルセットで試してみたのですが、シミたり刺激があるということもなかったので、続けることができました。1ヶ月半くらいたってからでしょうか?以前の黒っぽさがかなりクリアになってきたのです。※毎日鏡でチェックしていたのですが、明らかに薄くなっています。

 

ハイドロキノンクリームは顔のシミにも効果が高いので、脇に塗りつつも美白ケアクリームとして使っています。

 

家にあるもので脇の黒ずみはなかなか消えない。早く治すならハイドロキノン

ビーグレン,脇の黒ずみ

kumikoさん 28歳/女性
肌質:普通肌
使用した化粧品:ビーグレン・ホワイトクリーム
評価★★★★★

 

保湿クリームなどの家にあるもので脇の黒ずみを予防することが出来ても、黒くなった状態の脇はなかなか治りませんでした。

 

人によってはもっと悪くなって余計に目立つということにもなりかねないです。それが私でした。

 

もう少し攻めの美白ケアをしようと真剣に美白クリームを選んだのがビーグレンのホワイトクリーム。顔のシミも気になってくる年なので、両方をケアしてみたところ、脇の黒ずみへの効果が絶大でした。

 

わたしの場合で、毎日寝る前に塗り続けたところ10日間ほどで黒っぽかった脇が元の肌色に近づいてきたんです。

 

保湿は大事なのかもしれませんが、メラニン色素に効果のあるものを塗るのはもっと重要ですね。

 

こんな美白クリームは効果がイマイチ…。脇の黒ずみケアでの効果が弱い美白成分の特長

 

「今脇の黒ずみに美白にいいって言われているクリームを使っているんだけど、あまり効果が感じられないな〜。」
美白成分といっても、その効果って千差万別なんです。もしかするとほんのちょこっとだけ、黒ずみが無くなっているのかもしれませんが、自分の目で効果が確認できないと、意味がありませんよね・・・。

 

すでにできてしまった脇の黒ずみを無くすには、弱すぎる美白成分ではせいぜい現状維持できる程度なんです。下記のような美白成分単体だと、あまり効果が見込めません。今の美白アイテムに不満を感じている女性は、ハイドロキノンを試してみるのがいいでしょう。

 

ビタミンC誘導体
美白効果や毛穴のケアなどに効果がある成分のひとつですが、ハイドロキノンと比較するとやはりその効果は落ちてしまいます。どちらかというと、これ以上脇を黒くしないために使われることが多いので、すでに黒ずみが気になっている人に高い効果は見込めません。

 

プラセンタ
プラセンタは美白作用が一応は認められている成分ではあるんですが、その効果は微弱です。保湿やハリなどをキープするための成分として用いられる成分です。「プラセンタで美白!」を大きく謳っている化粧品では、脇の黒ずみケアに用いることはお勧めできません。

 

アルブチン
美白成分の中でもビタミンCと並んで効果が高い成分です。ハイドロキノン誘導体は、簡単に言うと、ハイドロキノンに近い形をしたものです。ハイドロキノンそのものと比べると美白効果は100分の1にまで下がります。ハイドロキノンと比較するとどうしても美白効果は弱まってしまいますね。

 

ハイドロキノンを脇の黒ずみに塗ると肌荒れしない?その心配の理由について

「ハイドロキノンは刺激が心配・・。」
「ハイドロキノンを脇に塗ったら肌荒れしちゃったんだけど?」

 

もしかしたらこのページをご覧になっている人の中には、こんな声を聞いたことがある人もいるかもしれませんね。ハイドロキノンは確かにそれ単体だと、肌荒れや炎症などが起きてしまうこともあるようです。

 

しかし、すべてのハイドロキノン製品が危険な訳ではありません。今では安全性の高いクリームや美容液も手に入れることができるようになりました。ハイドロキノンが危険といわれている理由を、ありがちな失敗談から解いてみます。

 

高い濃度のハイドロキノンクリームを脇の黒ずみ対策で使っていた

 

「高濃度の方が効果がすぐ出るんじゃないか?」
こんな気持ちでついつい効果を期待して、高い濃度のハイドロキノンを脇の黒ずみ用に使ってしまうことってあります。でもこれは肌荒れや赤み発生の原因になってしまうんです。日本では5%以上のハイドロキノン美容液も販売されていますが、肌が弱くて炎症が心配な人は控えた方がいいです!

 

海外のハイドロキノン&トレチノイン医薬品を脇の黒ずみに塗っていた

 

「シミをなくすのに、ハイドロキノンとトレチノインの医薬品を併用すると効果がすぐに出るらしい!」
海外の未承認の医薬品も、今ではインターネットの個人輸入代行サービスなどを使えば、簡単に手に入れることができるようになりました。確かに、効果が早く出るこの方法なんですが、反対に肌荒れしてしまったり、皮向け、赤み、吹き出物が出来てしまったりなどの副作用が出てしまうことも多いんです。

 

黒ずみを解消するつもりが、肌荒れのせいでさらに色素沈着が悪化 ⇒ 前よりも脇が黒ずんできたなく見えてしまう・・・。こんな悪循環に陥りがちです。

 

脇の黒ずみにハイドロキノンクリームを塗り過ぎていた

 

「効果が早く出るなら使う量も多い方がいいでしょ!」
気持ちは分かります。こんな思いこみで、量を多く使ってしまうんですよね・・。多い日は1日で3回以上塗りたくってしまう人もいると思います。でもこれもハイドロキノンの使用方法としてはNGです。例えば上で紹介したような、濃度が高過ぎないビーグレンのハイドロキノンクリームでも、回数は1日1回。脇全体が軽く白くなる程度に使用量をとどめておきましょう。肌が荒れてしまう原因になります。

 

 

 

 

低刺激!安心して使える
ビーグレンホワイトクリームはコチラ⇒

 

 

まとめ:脇の黒ずみをなくすのに高い美白効果のあるハイドロキノン

 

黒ずんでしまった脇を綺麗に美白するのにおすすめのハイドロキノンについて解説してきました。私はビーグレンのハイドロキノンを使っていますが、今では色素沈着もクリアになり、ノースリーブでお出かけするのも怖くありません。

 

脇の黒っぽさに本当に悩んでいて、今度こそ本当に効果を感じたいならハイドロキノンクリームを使ってみる価値はありますよ。

 

トライアルセット7日分が、お得な1800円(税抜き)で今なら手に入れることができます。

 

まずはあなたの脇の肌に合うか合わないかをチェックしてみるところから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

脇の黒ずみにビーグレンホワイトクリーム

 

ビーグレン・ハイドロキノンクリームの公式ページへ⇒